スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家相占いでみる鬼門

今回は家相占いの中でも鬼門を取り上げます。
そもそも家相占いとは、家の位置・方角・構造などからその家に住む人の吉凶を占うものです。
そこで家などを建築する時、鬼門・裏鬼門に玄関や門、キッチンやバス・トイレを配置するのは良くないといった話を聞いたことはありませんか。
これは家相の鬼門によるものです。

それでは鬼門とは一体どんなものなのでしょうか。
家相占いでいうところの鬼門とは、家の中心から北東の方角のことで表鬼門、または男鬼門といいます。
逆に家の中心から南西の方角を裏鬼門または女鬼門といいます。
さらに、表鬼門と裏鬼門の範囲の中心を通る線を鬼門線と呼んでいます。

ここで、方位の説明をしておきます。家相占いでは方位が2種類あります。
1つは敷地の中心から判断した方位で見る、住居が配列されている方角、そしてもう1つは家の中心から方位を判断して見る、家の間取りのとり方です。
これらを基にした鬼門に配置した玄関や門、不浄のものは、良くないと判断されるのです。
家相では、気流や土壌との和合の関係が非常に重要なポイントになります。
なぜなら家相占いでは、家などで大気の流れを防ぐと、腐敗した大気がよどんでしまうと考えるからです。

例えば、南西方位の裏鬼門は汚染された空気が住居内に吸い込まれる方位、北東の表鬼門は住居にたまった腐敗した空気が抜けていく方位、
北東の表鬼門と南西の裏鬼門は腐敗した空気を循環させる方位として通風をよくする必要があるといったところです。
ではどうすればよいのでしょうか。
答えはもちろん玄関を移せばよいのです。
でもそう簡単には移せないという場合は、玄関の扉の角度を変えたり、北東の表鬼門向きの扉を東、東南、南に向けるだけでも災いからは逃れられるとされています。



投稿:「開運!占い鑑定団」 管理人
スポンサーサイト

テーマ : 占い - ジャンル : 趣味・実用

tag : 占い 家相 鬼門 方位 方角 裏鬼門

家相占いでは間取りや方位が大切

占いの中でも家相占いをご存知でしょうか?
例えば、家を新築、増築する時、リフォームや改装をする時、あるいは新しい家に引越しする時、あなたはどんなことに気をつけますか?
そんな時に使うのが家相占いです。
家相占いとは風水の一種といわれており、中でも「住宅の間取、方位」を最も重視した占いです。

すなわち家の位置や向き、構造・間取りから吉凶を見ることで、家相を占うことができます。
家相占いは古代、人が家に住むようになった頃から住居についての知恵を基に行われてきたものです。
そこで住む人が健康で幸せに暮らすことが出来るように占いで正しい家相を見るのです。

ここで家相占いに使う家相の基本をおさえておきましょう。
その基本とは「張り」、「欠け」、「解放」、「閉塞」です。
家相占いでは、まず「張り」は吉相、「欠け」は凶相とされています。
具体的には、一辺の1/3以下の張りは吉、一片の1/3以下の欠けは凶となります。
また、窓のような開放部は凶、壁になっている閉塞部は吉となります。
家相占いの際には、まずはこの基本に合っているかどうかを確認することです。
そこから様々なやり方で本当にこの家でよいのか判断するのです。

良い家相の家はたくさん取り入れられた良い気によって流れが良くなり、住む人の健康運、金運なども上昇し、家も発展します。
反対に悪い家相の家は気が滞り、住む人は不健康になり、災いもおこりやすくなります。
皆さんも家相占いで、いいエネルギーを家に取り込み、自分たちの幸せを願いましょう。



投稿:「開運!占い鑑定団」 管理人

テーマ : 占い - ジャンル : 趣味・実用

tag : 家相 占い 間取り 方位 引越し リフォーム




TOPページ
開運!占い鑑定団 トップ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
開運!風水鑑定団
今日の”がばい”ニュース!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。