スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋愛占いでみる相性と結婚

恋愛占いはそれこそ「占い」と聞いて誰でも思い浮かぶものだと思います。
そのためなのか、恋愛占いと一口にいっても数も膨大で、「よく当たる!」「究極の」「必ず叶う」といった文句も多く見うけられます。
また恋愛はそれが結婚につながることも多いからか、恋愛占いには特に「よく当たる」「的中率が高い」ことを求める人が多いようです。

今回はその本質について少し探ってみたいと思います。
恋愛占いについては本人と相手の相性の構造を比べて、それが一般的に協力される関係なのかどうかを判断することだと考えられているようです。
確かにそのようなことも大切だと思います。
ただ、恋愛占いの本質はそこにはありません。
 
男女の関係は相手に対する理解と思いやりで成り立っています。
しかしお互いに相手をどんなに理解しようとしても、潜在的な性格・気質・特性などがあるのは当然です。
そしてそれが分かれば、もっと効率よく相手の考えや行動を深く理解できるのです。
各々が生まれつき持っている先天的性格と、その後の生活で後天的に持つようになるプライド・リーダーシップ・誠実、責任感・社交性・ユーモア感覚などといった性格的特徴を、相性と関連させることが必要です。
このことが恋愛運や結婚運をより良い方向へと導いていってくれるからです。
恋愛占いの本質はまさにここにあります。
このような本人の運命に暗示され予定されている、本人の恋愛運や結婚運の良さを調べることにこそ恋愛占いの意味はあるといえます。
恋愛運や結婚運がどのように構成されているか、そのような中で相手との関係を調べるのが真の相性なのです。
 
そしてこの恋愛占いにはご存知の通り、実に多くの種類があります。
例えば相性占い・結婚占い・恋愛依存度チェック・いい女度チェック・相性度チェック・モテ診断、占い方法では12星座占い・風水診断・手相占い・花占い・姓名判断・相性占い・スピリチュアルタロット・七曜占星術などです。
しかしどんな種類のどんな方法であれ、真剣な恋愛占いの場合はその本質をもう一度よく考えてみて下さい。



投稿:「開運!占い鑑定団」 管理人
スポンサーサイト

テーマ : 占い - ジャンル : 趣味・実用

tag : 恋愛 占い 相性 結婚 鑑定 開運 姓名判断

夢占いのシンボル

夢占いはその名の通り、夢で吉凶を占うもので夢合わせともいわれています。
今では占いの中でもポピュラーなものとなり、インターネットで「夢占い 無料」などと検索すれば数多くヒットします。
夢には目には見えない世界や無意識の心理からの深いメッセージ性が隠されているという前提で、その内容から現在の心理状態を判断したり、近未来に起こりうる出来事などを推測したりするのです。
 
夢占いの鍵を握るのは、夢の中で登場した印象的な物や人物、出来事です。
これをシンボルといいます。
このシンボルに対する一般的な知見や過去の経験則を用いて、夢の中身を解釈するのです。
それは簡単にいえば、シンボルが子どもなら、「童心に戻りたい・子どもが欲しい」という願望であるとか、シンボルが追いかけられる自分なら、「仕事に追われてストレスを抱えている可能性がある」というものです。
ただし、これらの知見や経験則は決して絶対的ではありません。
 
このあやふやで個人的な感じのする夢は、いかにも近代に入ってから注目されていそうな気がしますが、実は古代社会では運命を左右するほど重要なものでした。
例えばジュリアス・シーザー。
いわずと知れた古代ローマの英雄ですが、彼などは夢に従って行動し大きな勝利を得たといわれています。
また日本でも、平安貴族が陰陽師に夢の相談を持ちかけていたとの記録が残っています。

いずれにしろ夢には不思議な力が備わっているのかもしれません。
時には自分自身でさえ気付いていない心の状態を映し出し、自分を助けてくれるかもしれません。
今度夢をみた時には、1度試してみてはいかがでしょうか。



投稿:「開運!占い鑑定団」 管理人

テーマ : 占い - ジャンル : 趣味・実用

tag : 夢占い 鑑定 陰陽師 開運 シンボル 願望

前世占いと輪廻転生

今回は前世占いについてちょっとお話してみます。
占いの中でもちょっとマイナー?!な感じもする前世占いですが、意外と面白いんです。
最近では特に年代が若くなるほどに、宗教に興味を持つ人の数は減っているように感じます。(初詣やクリスマスなどは別として。)
しかし前世って聞くと、何となく気になる人も多いはず。前世とは、わたしたちが生きている今の前に送った人生のことです。

宗教的には、「輪廻転生」という言葉があります。
これは死んであの世に還った霊魂が、この世に何度も生まれ変わってくることです。
仏教など東洋思想において顕著ですが、古代のエジプトやギリシャなど世界の各地にでも見られる思想です。
輪廻転生の考え方から言えば、我々は今、たまたま人に生まれ変わっているだけで、次に死んだら何に生まれ変わっているかはわからないのです。

中有(四十九日)と呼ばれる期間内にその期間の行いを含む、様々な理由から必ず何かに生まれ変わっていることになります。そしてこれは永遠に続くのです。
そう考えると、すべての人には前世があることになります。(実際は人に限りませんが。)
前世占いとはそのような前世を占うものです。
前世がどのような時代・場所に生まれ、どのような職業であったかを占い、前世を知るのです。
そしてそれによって、長期間にわたり自分を苦しめてきた悩みから解放される人や、常識では解決できなかった難問の出口が見つかる人もいます。
そうなれば前世占いで悩みの原因を突き止め、現世の問題を解決することができます。

ちなみに前世占いの方法には、前世療法・ヒブノセラピー・退行催眠など医学的にみていくものと前世占い・前世鑑定など、霊能者や占い師が独自で生み出したものがあります。
皆さんの中にも、前世を聞くのはちょっと恐いような気がする人もいるかもしれません。
でもあなたも初めて来た場所なのになぜか懐かしいと感じたり、初めて会ったのに前にどこかで会ったことがあると感じたり、ある特定の物に関してとてつもない恐怖感を持ったりした経験はありませんか。
それは前世との関係があるといわれています。このように前世といっても、私たちは意外と身近に感じているのかもしれません。



投稿:「開運!占い鑑定団」 管理人

テーマ : 占い - ジャンル : 趣味・実用

tag : 占い 前世 輪廻転生 宗教 退行催眠 霊能者

家相占いでみる鬼門

今回は家相占いの中でも鬼門を取り上げます。
そもそも家相占いとは、家の位置・方角・構造などからその家に住む人の吉凶を占うものです。
そこで家などを建築する時、鬼門・裏鬼門に玄関や門、キッチンやバス・トイレを配置するのは良くないといった話を聞いたことはありませんか。
これは家相の鬼門によるものです。

それでは鬼門とは一体どんなものなのでしょうか。
家相占いでいうところの鬼門とは、家の中心から北東の方角のことで表鬼門、または男鬼門といいます。
逆に家の中心から南西の方角を裏鬼門または女鬼門といいます。
さらに、表鬼門と裏鬼門の範囲の中心を通る線を鬼門線と呼んでいます。

ここで、方位の説明をしておきます。家相占いでは方位が2種類あります。
1つは敷地の中心から判断した方位で見る、住居が配列されている方角、そしてもう1つは家の中心から方位を判断して見る、家の間取りのとり方です。
これらを基にした鬼門に配置した玄関や門、不浄のものは、良くないと判断されるのです。
家相では、気流や土壌との和合の関係が非常に重要なポイントになります。
なぜなら家相占いでは、家などで大気の流れを防ぐと、腐敗した大気がよどんでしまうと考えるからです。

例えば、南西方位の裏鬼門は汚染された空気が住居内に吸い込まれる方位、北東の表鬼門は住居にたまった腐敗した空気が抜けていく方位、
北東の表鬼門と南西の裏鬼門は腐敗した空気を循環させる方位として通風をよくする必要があるといったところです。
ではどうすればよいのでしょうか。
答えはもちろん玄関を移せばよいのです。
でもそう簡単には移せないという場合は、玄関の扉の角度を変えたり、北東の表鬼門向きの扉を東、東南、南に向けるだけでも災いからは逃れられるとされています。



投稿:「開運!占い鑑定団」 管理人

テーマ : 占い - ジャンル : 趣味・実用

tag : 占い 家相 鬼門 方位 方角 裏鬼門

家相占いでは間取りや方位が大切

占いの中でも家相占いをご存知でしょうか?
例えば、家を新築、増築する時、リフォームや改装をする時、あるいは新しい家に引越しする時、あなたはどんなことに気をつけますか?
そんな時に使うのが家相占いです。
家相占いとは風水の一種といわれており、中でも「住宅の間取、方位」を最も重視した占いです。

すなわち家の位置や向き、構造・間取りから吉凶を見ることで、家相を占うことができます。
家相占いは古代、人が家に住むようになった頃から住居についての知恵を基に行われてきたものです。
そこで住む人が健康で幸せに暮らすことが出来るように占いで正しい家相を見るのです。

ここで家相占いに使う家相の基本をおさえておきましょう。
その基本とは「張り」、「欠け」、「解放」、「閉塞」です。
家相占いでは、まず「張り」は吉相、「欠け」は凶相とされています。
具体的には、一辺の1/3以下の張りは吉、一片の1/3以下の欠けは凶となります。
また、窓のような開放部は凶、壁になっている閉塞部は吉となります。
家相占いの際には、まずはこの基本に合っているかどうかを確認することです。
そこから様々なやり方で本当にこの家でよいのか判断するのです。

良い家相の家はたくさん取り入れられた良い気によって流れが良くなり、住む人の健康運、金運なども上昇し、家も発展します。
反対に悪い家相の家は気が滞り、住む人は不健康になり、災いもおこりやすくなります。
皆さんも家相占いで、いいエネルギーを家に取り込み、自分たちの幸せを願いましょう。



投稿:「開運!占い鑑定団」 管理人

テーマ : 占い - ジャンル : 趣味・実用

tag : 家相 占い 間取り 方位 引越し リフォーム




TOPページ
開運!占い鑑定団 トップ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
開運!風水鑑定団
今日の”がばい”ニュース!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。